キャバクラとキャバ嬢の裏話

男と女が編し合う虚構の世界「キャバクラ」

「長い間店に通っているし、数えきれないほど指名もしてきたこのキャバ嬢は、あと何回指名をすれば落とせるのか」など、キャバクラが疑似恋愛だと頭では分かっていても、男はみんなキャバクラの世界に夢を見ます。

また、そんな男に夢を見させてあげることで、キャバ嬢たちは金を吸い上げていく。男とキャバ嬢の駆け引きには、いつも高額なお金が飛び交います。それがキャバクラの世界なのです。

男はお気に入りのキャバ嬢の気を引くためにお金を払って指名し、高級なお店で同伴出勤し、ときには高額なブランド品などをプレゼントします。キャバ嬢はそんな男心を巧みに操り、さらにお金を引き出させようとする。

そのため、このキャバクラの世界には考えられないような様々な「嘘」が存在します。年間で600万円も貢いだのにもかかわらず、未だに何もやらせてくれない」などという男女間にまつわる「嘘」は日常茶飯事で、キャバクラには客と店、店とキャバ嬢、キャバ嬢とキャバ嬢の間にも数多くの「嘘」が潜んでいます。

「ウチの店で出している1本10万円のドンペリは本当は偽物で卸値が2000円なんです」
「キープボトルは水槽で一括管理して、ほかの客にバレないように注ぎ足して出しています」
「店側はキャバ嬢をランク分けして、最後は枕営業しなければいけないほどのキツイノルマを課す」
「同僚のキャバ嬢の携帯電話から顧客情報を盗み、嫌がらせメールを送って客を奪う」

以上のような、普通では耳を疑うような事実もキャバクラの世界では本当に存在するので、これまでキャバクラで遊んだことがある方からすれば、にわかには信じられないかもしれません。

しかし、男と女の疑似恋愛という形のないものに、キャバクラで高額なお金を払っている以上、こうした「嘘」が存在していても仕方がないのではないでしょうか。

そして、最後までお客さんを騙し続けるために、これらの「嘘」が一般の客の耳に入ることはほとんどありません。なぜなら、こういった事実をひた隠さなければ、キャバクラは存在し得ないからです。

さらに、これらの「嘘」はさまざまな場所や人によって歪みを生じさせ、キャバクラへ通うお客さんとキャバ嬢の間に憎しみを生み出している場合すらあります。

このサイトでは実際にキャバクラ関係者の声を数多く集め、虚構と欲望に満ちたキャバクラの世界を紹介していきます。「もうキャバクラで騙されたくない」キャバクラに対してこう思う人のために役立つと思います。

またこれからキャバクラで働きたいという女性にとっても役立つ内容がたくさんあるので、ぜひ参考になれば幸いです。ここでご紹介するような訳あり店ではなく、しっかりとした本当に働きやすいキャバクラの求人を探すなら、このキャバクラ求人サイトが役立つのではないでしょうか。